脂肪が原因の場合のダイエット法

脂肪が原因の場合のダイエット法

ダイエットの方法は様々なものがありますが、スタイルをよくしていくためには脂肪を減らしていく必要があります。
脂肪
脂肪が原因で太っている場合には、内臓脂肪や皮下脂肪を減らしていくダイエット方法を行っていきます。

 

脂肪はエネルギーの蓄積している状態ともいえるため、単純に食事制限をしてカロリーを摂らないようにしていてもほとんど減らないとされています。

 

減らすためにはエネルギーとして消費することが大切です。

 

ジョギング
激しい運動でも消費されますが、激しい運動では長期間続かないため長期的にエネルギー消費のできる有酸素運動であるウォーキングやジョギング、水泳などを行っていくことがオススメです。

 

筋トレを組み合わせて筋肉を育てることも意識するとより高い効果を望めます。

 

しかし、運動をしても減らないのがセルライトです。
セルライトは体内の余分な水分や老廃物を溜め込んで肥大化した脂肪細胞がコラーゲン線維と癒着したものになります。

 

太ももやお尻、二の腕などにできやすく、運動などを行っても解消できないとされています。

 

細胞の代謝が乱れてしまい、太りやすくなっていき、デコボコとした状態になっていきます。
見た目にも悪いため改善したいという人も多いです。

 

セルライトを改善したいという場合には、血行不良を改善するのと同時にマッサージによって揉み解し、余分な水分や老廃物を排除することが必要となります。

 

マッサージのやり方としては、足の裏から行い太ももへと上から下にセルライトをつぶすようなイメージで行っていきます。